我が街スナップ(看板編)



e0340268_14125673.jpg


e0340268_14125889.jpg


e0340268_14130153.jpg



『もし文豪たちがカップ焼そばの作り方を書いたら』(神田桂一&菊池良・宝島社)は文体模写を楽しむ本で「君が焼きそばを作ろうとしている事実について、僕は何も興味を持っていない」(村上春樹風)とか、「カップ焼きそばに現在性があるとすれば、その変成のイメージにある」(吉本隆明風)とかいう文章が次々出てくるのだけれど、たとえばこれが現首相なら・・・。「いわゆるカップ焼きそばの、作り方につきましてはですね。これはもう、まさにこれは、そういう局面になれば、お湯を注ぐわけであります。それをですね、それを何かわたくしが、まるでかやくをいれていないというようなですね、イメージ操作をなさる。いいんですか、みなさん、こんな焼きそばに負けるわけにはいかないんですよ」・・・東京新聞『本音コラム』斎藤美奈子 7月12日。おもしろすぎる。


[PR]
Commented by duffyseafour at 2017-07-13 07:08
のぼる様

おはようございます。

カップ焼きそばの話、かなり笑えます。

それにしても、我が街スナップ写真、過去へタイムスリップしたかのように
とても素敵です。

いつも楽しみに拝見しております。

Commented by noboru-xx at 2017-07-14 06:26
★duffyseafourさん、ありがとうございます★
カップ焼きそばの作り方は、菅や稲田バージョンも作るとさらに
面白さが増すでしょうね。

田舎町ゆえ古き良きものが残っています。
「ちりかご」ってもう言わないでしょうね。
Commented by cocomerita at 2017-07-14 15:34
ciao noboruさん
わははは、笑えます
上手上手 拍手

ボンカレー、懐かしいです
ボンカレーの広告を見ると自動的にオロナイン軟膏(まだあるのでしょうか?)を思い出します
私は 昭和が大好きだから 、、かもしれませんが、CMとかも今ほどおしゃれじゃあなくても、日本特有の美的感覚というか、日本人じゃあないと出せない味のようなものがあったと思います。
いい時代だったなあと思います
Commented by noboru-xx at 2017-07-15 01:44
★cocomeritaさん、ありがとうございます★
稲田なら、私は、私の記憶に基づいて焼きそばを作ったわけであります。
ですからラーメンを作ったということではありまぜん。

オロナインは、健在です。高価な薬だといって子供の頃、すり傷ぐらいでは塗ってもらえなかったです。
ボンカレー、オロナイン、オロナミンC、フマキラーなどのCM、家庭的雰囲気一杯で懐かしいですね。
名前
URL
削除用パスワード
by noboru-xx | 2017-07-13 06:52 | スナップ写真 | Comments(4)

モノクロ中心の写真ブログです。 X-T1のイラストは「おきくさん」からいただきました。ブログ「時色」http://tokiiro.exblog.jp/


by のぼる