新世界スナップ*****



e0340268_11030019.jpg



e0340268_11030910.jpg



e0340268_11031404.jpg







あの演歌の大御所も懸念の声をブログで。

e0340268_11053010.jpg






[PR]
# by noboru-xx | 2015-09-29 11:11 | スナップ写真 | Comments(0)

SEALDs TOKAI




名古屋駅前には老若男女1500人が集まり「戦争法は廃止」「選挙に行こうよ」声を張り上げた。


e0340268_06173106.jpg

e0340268_06171945.jpg


e0340268_06174820.jpg


e0340268_06180887.jpg


e0340268_06182358.jpg


e0340268_06184506.jpg


e0340268_06185549.jpg


e0340268_06190888.jpg


e0340268_06183342.jpg











[PR]
# by noboru-xx | 2015-09-28 06:30 | スナップ写真 | Comments(2)

新世界スナップ****




2軒梯子をしてお酒を注入したので勇気をもって新世界で人撮りを開始。やっぱり綺麗な女性から(*_*;


e0340268_07211010.jpg



e0340268_07211764.jpg



今朝のコラムに先日お亡くなりになった福島菊次郎さんのことが掲載されていたので全文掲載します。

 二十四日の夜、九十四歳で逝った報道写真家・福島菊次郎さんの指は、生涯にわたってカメラを握り、シャッターを切り続けたせいで、変形していたという▼その原点となったのは、広島で被爆して妻を失い、自らも原爆症と極貧に苦しみながら、子どもを育て、そして死んでいった一人の男性が吐いた、こんな言葉だったそうだ▼「ピカにやられてこのザマじゃ、口惜(くや)しうて死んでも死に切れん、あんた、わしの仇(かたき)をとってくれんか」「写真を撮って皆に見てもろうてくれ。ピカに遭うた者がどんなに苦しんでいるか分かってもろうたら成仏できる。頼みます」▼発作を起こし、「体がちぎれる」と叫んで畳をかきむしる姿に肉薄し、福島さんはシャッターを切り続けた。そうして撮った作品は反響を呼んだが、代償もあった。彼自身、精神をさいなまれたのだ▼真実に迫り、切り取るという営みには、自らの心の闇を接写するような怖さが潜む。そういう恐怖におびえつつ、福島さんはカメラを手放さなかった。同級生の半数が戦死した世代の責任として、戦後日本が再び戦争へと向かっていないか、見定めようとし続けたのだろう▼遺作ともいえる写真集『証言と遺言』に福島さんは<「死なない写真」を撮らなければならない>と書いた。死んでも死にきれぬ思いを抱えつつ逝った人たちの声を、百年先にも伝えるために。(中日新聞「中日春秋」東京新聞「筆洗」2015.9.27)







[PR]
# by noboru-xx | 2015-09-27 07:35 | スナップ写真 | Comments(2)

新世界スナップ***

e0340268_10504455.jpg

ここで飲もうかと思ったけど、たこ焼きさんだったのでやめた(*_*;



e0340268_10522730.jpg


e0340268_10523546.jpg

ここでは、付け出し(お通し)のゆで卵と塩昆布にホルモン炒めでハイボール2杯。







[PR]
# by noboru-xx | 2015-09-26 11:00 | スナップ写真 | Comments(4)

新世界スナップ**

e0340268_06224057.jpg


e0340268_06223020.jpg




ここでは瓶ビール(大瓶)に、カレイの唐揚げ、串カツ4本(牛・豚・あじ・ささみ大葉巻き)だったかな。






[PR]
# by noboru-xx | 2015-09-25 06:27 | スナップ写真 | Comments(4)

モノクロ中心の写真ブログです。 X-T1のイラストは「おきくさん」からいただきました。ブログ「時色」http://tokiiro.exblog.jp/


by のぼる