鞆の浦スナップ*


e0340268_15521174.jpg


e0340268_15521403.jpg


e0340268_15522042.jpg


e0340268_15523383.jpg


e0340268_15523654.jpg


e0340268_15524338.jpg




「養命酒」はよく知られているが、「瀬戸内の養命酒」ともいわれるのが鞆の浦の保命酒。
保命酒は大坂の医師中村吉兵衛が考案した薬用酒で万治2年(1659年)に備後国、鞆で製造を始め代々中村家が独占的に製造・販売を行っていた。明治時代になると複数の業者が類似の酒を製造し保命酒として販売し始め、現在は4社が製造を行っている」(ウィキペディアより)。

[PR]
Commented by cocomerita at 2018-02-03 09:23
Ciao noboruさん
うっとり
平ったい二階家が素敵だなあ、、
3枚目の酒屋さんの二階にある出窓も、、いいなああ
うちの東京の実家の辺りは裕福な家が多く、それなりに きっと本人はカッコいい家だと思い込んでるのだろうなあと思わずにはいられない、なんだか西洋風を気取ったような家がたくさんあって
出窓とかある家もあっちこっちにあって、でも所詮下手な真似っこでしかなく 誠にちゃち。
それに比べたらなんて本物の匂いのする質を感じさせる町なんだろう、、と
さすがは宮崎駿監督が気に入っただけのことはありますね
いいなああ、、、
こういう場所に住みたいかもしれない、、、
1枚目の樽と年季の入ったやかんがこの街も質の良さをもの語ってますね
この女性の人の良さそうな笑顔も、、

どうか変な近代化に波がここにも押し寄せませんように、、。
夢のような場所を教えてくださって本当にありがとうございます。
Commented by pikorin77jp at 2018-02-03 10:03
やはり 鞆の浦の生活感を撮ろうと思ったら 一晩泊まらないと撮れないですね。昼間だけの顔ではなく、
夜の、早朝の、、、私も のぼるさんのような写真を撮りたかったのですが 昼間だけでは無理、ということが
今回の記事をみて思いました。一枚目の保命酒の おんな主人に ポニョの洋館を教えていただき 医王寺まで行ってみました。
Commented by sun-shi at 2018-02-03 11:49
ホッピーを作っているところのうちの何社かが作っている、
コアップガラナみたいなものですかね?
あれ、実は好きだったりするのですが、
2年位前に飲食店で偶然遭遇したのを最後に遭遇していないのです…。
あの茶色い分に独特のフォントとイラストが印刷されている、
オロナミンCなどとはまた一味違った独特な味。。。
Commented by noboru-xx at 2018-02-04 07:02
★cocomeritaさん、ありがとうございます★
一枚目の保命酒売りのおばあちゃんは、とても親切な方でした。
保命酒の説明だけでなく、鞆の浦の、見所や宮崎駿監督が鞆の浦に
長期滞在していたころの散歩の様子など、いろんなお話しをしてくれました。
私が写真が趣味だと知ると、自動車メーカーホンダが鞆の浦の濡れた石畳で
撮った写真を奥から出してきて見せてくれました。
鞆の浦は、街も人も優しい処でした。
Commented by noboru-xx at 2018-02-04 07:13
★ぴこさん、ありがとうございます★
ぴこさんの鞆の浦のブログを拝見して行ってみたいと思い
すぐさま仕事のシフト表を眺めながら計画しました。
ぴこさんのブログには十分、鞆の浦が写っていましたよ。
だからこそ訪れたい衝動にかられたんです。
保命酒売りのおばあちゃん、いい方でしたね。
小雨降る翌日、再びお邪魔して保命酒、買ってきました。
Commented by noboru-xx at 2018-02-04 07:23
★sun-shiさん、ありがとうございます★
悲しいかな私はホッピーを呑んだことが無いんです(^_^)ゞ
保命酒を試飲した時の印象は、養命酒だ!でした。
子供の頃、飲んだきりげすが、癖もなく誰でも飲めると思います。
買って帰った保命酒は、炭酸割で呑みました(^^)/
名前
URL
削除用パスワード
by noboru-xx | 2018-02-03 06:06 | スナップ写真 | Comments(6)

モノクロ中心の写真ブログです。 X-T1のイラストは「おきくさん」からいただきました。ブログ「時色」http://tokiiro.exblog.jp/


by のぼる